家計

封筒分けで毎月の家計を簡単管理!家計簿を辞めた私の給料日

 

こんにちは、失敗家計を大成功家計に変えるべく奮闘中のコニナ(@conina527)です。

私は、家計簿が続かなくて辞めました。そんな私も月に1回の給料日だけは、真面目にお金と向き合います。月1回だけ頑張って後は楽をしたいので✩

大切にしているのは、お金の居場所を決めることです。

給料日にやること

給料日と書いてますが実際は、給料日と翌日の2日間でやってます。
流れとしては、こんな感じです↓↓

ステップ1:収入を全額引き出す

給与や手当などその月に入った収入を全額引き出します。特に、難しいことはありません。

「全額」というのは、手元に全額ある方が振り分ける時に頭が混乱せずに楽という私の個人的な部分です。

収入の入金口座が貯蓄口座と一緒で引き出す必要がない場合や送金など引き出さない方がやりやすい方はそちらを優先してください。ひったくりや、落としてしまっては大変ですからね。

ステップ2:封筒(財布)へ分ける

引き出してきたお金をそれぞれ封筒または財布へ入れていきます。
私は現在、15項目で管理しています。

【支出項目】
・家賃
・保険
・水道光熱費
・食費
・米
・日用品
・通信費
・服
・交際費
・娯楽
・お小遣い(自分)
・お小遣い(子供)
・1年以内積立
・貯蓄、投資

15項目の各予算額を8枚の封筒と3個の財布へ入れていきます。

【封筒(支払用口座)】
・家賃
・保険
・水道光熱費
・通信費
【封筒(貯蓄用口座)】
・貯蓄、投資
【封筒(食費用)】
・食費
【封筒(米用)】
・米
【封筒(服用)】
・服
【封筒(交際費用)】
・交際費
【封筒(娯楽費用)】
・娯楽費
【封筒(1年以内用)】
・1年以内積立
【財布(日用品専用)】
・日用品
【財布(私の財布)
・食費
・お小遣い(自分)
【財布(子供の財布)】
・お小遣い(子供)

支払用口座と貯蓄用口座の封筒分は、翌日に各口座に入金します。

<封筒と財布の使い分け>
・封筒…使用頻度が少ない項目。必要な時に封筒から取り出す。
・財布…使用頻度が多い項目。

<食費管理方法>
財布に1ヶ月分入れると使ってしまうので、毎週日曜に封筒から1週間分を財布に入れています。

家計簿が続かない私がやっている家計管理方法を公開【家計見直し】こんにちは、失敗家計を楽して成功家計にしたいコニナ(@conina527)です。 家計簿と聞いて「面倒!」「続かない!」「どんな方...
家計が苦しい原因は?解決方法は年間予算を考える!【おすすめ家計管理法】 こんにちは、失敗家計を成功家計にしたいコニナ(@conina527)です。 家計を管理している皆さま、いつもおつかれさまで...

 

次の給料日までにやること

給料日に予算を振り分けてしまえば、後は封筒と財布から必要な時にお金を取り出していくだけです。

ただ、一つだけやっておきたいことがあります。それは、予算が足りなくなってしまった場合です。

予算が足りなくなったら、他の項目予算から補填または貯金から補填します。
その時は必ずどこからどの項目にいくら補填したかを記録しておきましょう。

次の給料日に予算見直しの大切な情報となります。

次月の給料日にやること

次の給料日には各封筒の残高や足りなかった金額を確認します。

<残高が合った場合>
次月へ繰り越ししていくか、貯金に回しても良いですね。

<足りなかった場合>
封筒に入れた予算で足りなかった場合は、どの項目から補填したか?どの項目を減らせるかを確認し予算金額を見直しましょう。

まとめ

みなさんから見ると面倒なことやっているな~と感じる方もいるかもしれませんね。

封筒分けをする前は、財布を生活費用とお小遣い用で分けていました。生活費から日用品や食費を出していると家計簿を付けないと何にいくら使っているかわからないんです。生活費が足りなくなったらお小遣いから補填したり…

それから、生活費を4週間分に分けて財布には1週間分入れるようにするなど改善を試みました。しかし、家計簿を続けられない私には、どうやっても管理しきれませんでした。

何にどれくらい使っているか把握できず、予算額を調整するなど改善できなかったからです。

封筒分けをすることで項目ごとに管理し、予算が足りたのか?足りなかったのか?それだけでも分かれば改善が可能です✩項目ごとのお金の居場所を作ってあげてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ぜひ、Twitterのフォローなどお願い致します。@conina527
良いなと思った内容があったら、ご家族やお友達に「コニナの失敗」を共有していただけると嬉しいです✩

 

ワーママにおすすめの家事時短家電