子供のスマホ情報

トーンモバイル for docomoとは?|子供のスマホ見守りに最適なSIMがドコモで取扱開始!

コニナ

2021年12月22日からdocomoの店舗でトーンモバイルの取り扱いが開始されます。

トーンモバイル for docomoはトーンライフスタイル社提供のiPhone専用の料金プラン「TONE for iPhone」に加えて、見守りに関するオプションなどをご利用できるサービスです。

docomoでは「エコノミーMVNO」というサービスを2021年10月に開始。

他社であるMVNO業者のサービスがdocomoショップで手続き可能になりました。

2021年12月現在ではOCNモバイルONE(NTTコミュニケーションズ㈱)とトーンモバイル(トーンライフスタイル㈱)の2社がエコノミーMVNOに合意しています。

今回はトーンモバイルが提供する「トーンモバイル for docomo」について詳しく紹介します。

トーンモバイル for docomoの特徴
  • docomoショップで低容量の契約が可能
  • 子供が安心して利用できる見守り機能
  • MVNOでもdアカウントをメインで使用
  • dポイントを付与や通信料金へのdポイントの充当
  • 初期設定(APN設定・dアカウント設定等)をドコモショップでサポート
  • 通信契約はdocomoとではなくトーンモバイル
  • ファミリー割引などのdocomo割引サービスは適用外

トーンモバイルは子供やシニア向けの見守りサービスが充実しています。

スマホをもたせたいがネットトラブルやスマホ依存などが心配な家庭に合ったサービスです。

ただし、使用する場合は注意事項もあるため本記事内容を参考にご検討ください。

トーンモバイル for docomoのメリット

まずはトーンモバイル for docomoを利用するメリットを紹介します。

  1. 月額1,100円でデータ使用無制限(動画以外)
  2. 子供向け見守り機能が充実
  3. docomoショップで安心のサポート
  4. 格安SIMでもdアカウント、dポイントが利用可能

それぞれ詳しく解説していきます。

月額1,100円で動画以外のデータ使用量無制限

トーンモバイル for docomoは月額1,100円(税込)でデータ使用量無制限(動画以外)なのが特徴です。

docomoで契約しているが実際に使用しているデータは少ないという方に向けて提供開始されました。

出典:docomo

月々のデータ使用量が少ないにも関わらず、それ以上の定額料金を使用しているという方は見直しを検討するののも良いかもしれません。

コニナ

データ使用無制限なので、子供がスマホを使いすぎて通信量が高くになることもありません。

動画視聴にはWi-Fi接続または動画チケット購入(税込490円/1GB)が必要です。

充実した見守り機能で子供も安全

トーンモバイルはスマホや通信会社の中でも子供向けの見守り機能開発にもっとも力を入れています。

「TONEファミリー」という独自の見守りオプションサービスと提供しており、子供が安全にスマホやネットを利用できるよう様々な機能があります。

TONEファミリーの機能
  • 居場所確認
  • インターネットのフィルタリング
  • アプリ利用制限
  • 歩きスマホ警告
  • TONEカメラ(自撮り被害防止) など
コニナ

我が家もトーンモバイルを使っていますが、見守り機能はどのサービスよりも機能が充実しています。

実際に東京都などの自治体や団体から推奨されています。

出典:トーンモバイル

近年「青少年の安全・安心なインターネット利用環境整備」として内閣府では、子供がスマホやインターネットを安全に利用できるよう様々施策の取組がされています。

トーンモバイルでは政府や自治体の計画に積極的に取り組み、見守り機能を増やしています。

子供が安全にスマホやインターネットを使うために、まずはトーンモバイルを利用してみてはいかがでしょうか?

トーンファミリー機能・設定解説
【トーンファミリー】TONEの見守りがすごい!機能や設定を徹底解説トーンファミリーの機能を徹底解説します。TONEの見守りは「これでもかっ!」というほど多くの見守り機能があります。設定等もわかりやすく解説していきます。...

【参考】子供のスマホに制限をかける優秀フィルタリングサービス6選

TONEファミリー利用には月額308円(税込)がかかります。

docomoショップのサポートで手続き・初期設定も安心

トーンモバイルは格安SIM(MVNO)のため、契約などの手続きはネットで行います。

家でも手軽にできるのがメリットですが、格安SIM利用が初めての方やネット手続きに慣れていない方にはひとつの壁となっています。

コニナ

1回の手続きにつまずき、利用したいサービスを諦めるのはもったいない。

トーンモバイル for docomoが開始されてことにより、このひとつの壁がなくなりました。

全国のdocomoショップで契約手続きが可能となり、初期設定についてもショップにてサポートしてくれます。

「SIMカードの開通ってどうやるの?」

「APN設定ってなに?」

という方でもdocomoショップでのサポートがあることで安心して対応できるようになりそうです。

dアカウント使用可能&dポイントがたまる

トーンモバイル for docomoではマイページのアクセスやサービス認証などにdアカウントを使用します。

dアカウントとは、スマートフォン、タブレット、パソコンなどでdアカウント対応のサービスやdポイントを利用するときに必要なお客様IDです。
ドコモの契約の有無にかかわらず、どなたでも無料でお作り頂けます。

引用:dアカウント

今までdocomoで契約していた方でも慣れたdアカウントで利用できるので、新しいマイページなどに慣れる必要がありません。

他の格安SIMへの乗り換えよりも利用開始時の戸惑いが減少されます。

dポイントについても通信料やサービス利用に対してdポイントが付与され、通信料金へのdポイントの充当も可能です。

dポイント付与は100円につき1ポイント

コニナ

店舗サポートやdアカウント・dポイントなどでトーンモバイルを利用しやすくしつつ、価格や見守り機能をdocomoが取扱えるユーザーには嬉しいバランス。

トーンモバイル for docomoのデメリット(注意点)

トーンモバイル for docomoのデメリット・注意点をまとめました。

コニナ

細かい部分もああるけど、自分に合ったスマホを使うためにも要チェック!

  1. iPhone向けサービス
  2. 通信速度はdocomo契約より遅い
  3. 動画視聴・見守り機能には追加料金が必要
  4. トーンモバイルとの通信契約となる
  5. docomoからの乗り換えにはMNP手続きが必要
  6. ファミリー割引などの割引はない

使用可能端末はiPhoneのみ

トーンモバイル for docomoは「iPhoneにトーンモバイルのSIMカードを挿すだけで利用できる」サービスです。

iPhone向けのサービスとなるためAndroid端末の利用が想定されていません。

トーンモバイルをAndroidで利用したい場合はトーンモバイル専用の端末を購入する必要があります。

トーンモバイル専用端末はdocomoショップでは購入できないため、購入を希望する場合はネットからの申込がおすすめです。

TONEモバイルの最新機種(端末)はコスパ最強?ケース・カバーも紹介TONE(トーン)モバイルの端末について紹介しています。e19・e20最新機種の詳細や他の端末との比較。スマホケースやカバー、フィルムなどのアクセサリーの紹介まで!...

通信速度はdocomoより遅い

通信についてはdocomoのネットワークが利用され、通信エリアもdocomoと同じです。

しかし、通信速度はトーンモバイルの通信速度となり、docomoの通信速度とは異なります。

docomoから回線を借りているMVNO(格安SIM)では、使用者の多い時間帯に通信速度が遅くなることがほとんどです。

加えてトーンモバイルでは動画視聴に別途追加料金が必要など、独自の速度制限がかかっていることも珍しくありません。

昼や夜などの混雑する時間帯は特にdocomoより遅いと感じる可能性が高いです。

トーンモバイルの通信速度は遅い?速い?測定結果を大公開!
【比較検証】トーンモバイルの通信速度は遅い?速い?測定結果を大公開!トーンモバイルの通信速度は遅い?速い?どっちなの!?ということで…実際に測定をしてみました。検証結果を大公開です!...

追加料金が必要なサービスがある

トーンモバイル for docomoの月額利用料は1,100円(税込)です。

動画視聴やドコモメール(@docomo.ne.jp)、見守り機能を利用するためのTONEファミリーオプションには別途料金が発生します。

  • トーンモバイル for docomo:月額1,100円
    (動画以外のデータ使い放題、音声通話(090番号)+IP電話(050番号)付き)
  • 動画視聴:Wi-Fi使用または動画チケット購入(490円/1GB)
  • TONEファミリー(見守りサービス):月額308円
  • ドコモメール:月額330円

動画視聴に関してはWi-Fiがあれば利用できますが、ない場合は動画チケットを購入することで視聴可能です。

コニナ

動画チケットは1GBずつ購入するため、子供の動画の見過ぎ防止・スマホの過度な利用を防ぐこともできます。

見守り機能を使用するための「TONEファミリー」オプションも月額308円かかりますが、2022年7月31日までの申込で6ヶ月間無料で利用できます。(2021年12月現在)

ドコモメールは他社へ乗り換えた場合利用できませんでしたが、月額330円で継続利用可能となりました。

【参考】ドコモメール持ち運び(docomoサイト)

ファミリー割引等のdocomo割引はない

トーンモバイルとの契約のため、docomoの割引であるファミリー割引などは対象外となります。

割引なしでも月額1,100円と安いので通信費を抑えることができます。

コニナ

今までdocomoを利用していた人は、特に通信費が安くなる可能性が高いので確認してみて。

今までの電話番号を利用するにはMNP手続きが必要

docomo利用者はトーンモバイル(for docomo)へ乗り換えることになるので、今までの電話番号を引き続き利用したい場合はMNP手続きが必要です。(docomo以外の他社も同様)

MNP予約番号を発行し、乗り換え先の事業者へ申し込むなど初めてでは不安だったり手間がかかる部分があります。

コニナ

MNP手続きもdocomoショップのサポートがあるためスムーズにできそう。

【参考】トーンモバイルMNP転入方法(他社から乗り換え)

トーンモバイル for docomoがおすすめな人

紹介したメリット、デメリットからトーンモバイル for docomoがおすすめな人をまとめました。

  • 小中高生の子供にiPhoneをもたせたい
  • ひと月のデータ使用量が3GB以下
  • dポイントをためている
  • 動画視聴が少ないまたはWi-Fiをもっている

トーンモバイルは充実した見守り機能が特徴のため、一番おすすめしたいのは子供にiPhoneをもたせたい方です。

コニナ

MVNO(格安SIM)の手続きに慣れていない方でもdocomoショップでサポートしてもらえるのでぜひ検討してみて。

docomoユーザーでもスマホを低容量で安く・安全に!

ドコモが「低廉な料金をメインプランにしたい」という利用者のニーズにこたえて始まったのが「 エコノミーMVNO 」です。

その中でも「トーンモバイル for docomo」は子供が安心してスマホを利用できるよう「TONEファミリー(見守り機能)」を合わせて利用できるサービスです。

トーンモバイル for docomoの特徴
  • 子供が安心して利用できる見守り機能
  • docomoショップで低容量の契約が可能
  • MVNOでもdアカウントをメインで使用
  • dポイントを付与や通信料金へのdポイントの充当
  • 初期設定(APN設定・dアカウント設定等)をドコモショップでサポート
  • 通信契約はdocomoとではなくトーンモバイル
  • ファミリー割引などのdocomo割引サービスは適用外

自分や家族に合っているかもと感じた方はぜひご検討ください。

コニナ

当サイトではトーンモバイルや子供向けの見守りグッズやサービス情報を紹介中。ぜひ他のサービスもご覧ください!

【参考】全国のドコモショップで低廉なエコノミーMVNOの料金サービスの契約が可能に(docomoサイト)

【参考】ドコモのエコノミーMVNOに新たな料金サービスを追加(docomoサイト)

【参考】フリービットプレスリリース(フリービットサイト)

子供に安心の格安スマホ